インデックス

カウンセリング先進国アメリカ

日本に比べると、アメリカはカウンセリンが浸透しています。まさにカウンセリング先進国といえるでしょう。
日本との大きな違いは、アメリカにはカウンセリングに対する正しい知識が理解が行き届いいている、というのがあげられるかと思います。昨今では日本でもだいぶ浸透してきたカウンセリングですが、やはり誤解や偏見といったものが根付いているのは否めません。
一方のアメリカは、誰でも気軽にカウンセリングを受けるという習慣が浸透しています。年齢や性別、職業といったあらゆる立場にいる方が、日々カウンセリングを受けています。
カウンセリングが浸透している背景には、アメリカの文化が関係しています。アメリカ『人種のサラダボール』と呼ばれるように、はあらゆる母国語をもった、あらゆる人種の方たちが住んでいます。そのため、悩み事が生まれるたびに、問題を解決するという習慣が根付いているのです。
それには、専門家による相談相手というのが必要でした。カウンセリングという職業が普及したのには、そういった文化的な背景があったといえるでしょう。

現在のアメリカでは、専任のカウンセラーが一家に一人いるというのも珍しいことではありません。メンタルヘルスによる偏見もなく、会社も専属のカウンセラーを雇用するのが当たり前になっています。
「カウンセリングのクリニックは、美容室と同じくらいある」とさえいわれるほど、日常的にとけこんでいるカウンセラーという職業ですが、アメリカではカウンセリングのプロになるには厳しい条件が課せられています。大学院を出て、心理学の博士号を取得することが最低条件とされているのです。

もっとも、日本でカウンセラーと呼ばれているような役割は、アメリカでは『ソーシャルワーカー』と呼ばれ、より身近なサポートをしてくれます。
さらに日本と違うところや、国の福祉機関が積極的にソーシャルワーカーを育成していることです。
こういった国のサポートがあるあたりも、カウンセリング先進国と呼ばれる所以なのでしょう。